320dとケイマンのある生活

chame320d.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 09日

RANGE ROVER SPORT 試乗



少し前から気になっていたLAND ROVER 社が展開するレンジローバーの試乗に523dの下取りも兼ねて行ってきました。

a0342125_20033222.jpg


お目当てのグレードは友人からの勧めもあったレンジローバー スポーツ。
ショールームにはブラックのHSTが展示されていました。

レンジローバーには3車種、「RANGE ROVER」,「RANGE ROVER SPORT」,「RANGE ROVER EVOGUE」があります。
各車種にそれぞれ細かいグレードがあるのですが平たく言うと「RANGE ROVER」が一番大きく価格も高い、そして「RANGE ROVER EVOGUE」が一番小さく価格もその分抑え目。

そしてそれぞれのグレードというのは3~5つに分かれており「RANGE ROVER SPORT」の場合、上から順に「SVR」,「AUTOBIOGRAPHY DYNAMIC」,「HST」,「HSE」,「SE」となっています。

「HST」だと写真のフロントバンパー下部(フォグランプ下)やサイドスカートがボディと同素材、同色になり、フロントとリアについているロゴがブラックペイントに。
さらにホイールもマット塗装となる豪華仕様。だだお値段もそれなりです(汗)

私がいいかなと思ったのは「HST」の1つ下、下から2番目のグレードである「HSE」。
予算もありますが私の場合ホイールやロゴのペイントを変える程見た目にはこだわっていないのとフロントエアロやサイドスカートはプラス20諭吉のオプションで「HST」同様、ボディ同素材、同色に出来ることが決め手となりました。


a0342125_20055962.jpg


フロントの重厚感に比べるとリアは「RANGE ROVER SPORT」というだけあってタイトな印象。
はじめ違和感のあったテールランプも見慣れると良く見えてきました。

ライトというとレンジローバーは最近流行りのLEDライトではなく、キセノンライトです。
これはオプションでも変えることはできません。

あと他の輸入車と違うところは自動ブレーキがついていないこと。
これもオプションなどでも追加できないそうです。SUV系の車は初めてで詳しくはわかりませんが車の特性上つけれないと話されていました。


a0342125_20064578.jpg


21インチホイール。
スポークのデザインにも力強さを感じます。

そして写真には写っていませんがグレードによってはエアサスが装備されており、その場合乗り味は「ふわふわ」になるそうで好みがわかれるそうです。
人気なのはバネサスの方らしいのですがエアサス装備車には乗降時に自動で車高が下がり、乗降を楽にしてくれる機能も捨てきれません。


a0342125_20070183.jpg


次に内装。
英国車とだけあって内装には期待していましたが流石はランドローバー、聞いていた通り期待を裏切りません。
オックスフォードレザーにダブルステッチが随所に散りばめられておりレザー以外の部分の素材、仕上げも一切の不満を感じさせません。
高級車でよくあるダッシュボードも革というのはオプションでもないそうですが標準のままでも申し分ない仕上がりです。

ナビはDENSO製で次期モデルから更に大きなモニターにかわるそうです。
BMWとは違いタッチパネルを採用しており、視認性も試乗では特に気になりませんでした。


a0342125_20071401.jpg


続いて後部座席。
希望であれば3列目も作れるという広さ、それくらい後席にも広いスペースがあるということですね。
後席もリクライニングできる点やオートエアコン採用というところに乗員への気遣いが伺われます。
書くまでもありませんがシートヒーター付きです。


a0342125_20073213.jpg


シートはこんな感じ。
光の加減でテカテカしていますが実際は真っ黒です。
16way電動シートで沈みすぎず程よいホールド感が味わえます。


a0342125_20080302.jpg


このドアの厚みが静音性とボディの剛性をより強固なものにしています。
しかもソフトクローズドア。最早言うことなしです。
ただその分車重は2トン超とかなり重く、水冷式V6気筒スーパーチャージャーエンジンはカタログ値"約リッター8"とあまり経済的ではないのでこの車を選ぶ時点でガソリンの減りは気にしないことが前提みたいです。

参考リンク


以外試乗の感想

私が試乗したのは展示車とは違いレンジローバースポーツの「HSE」グレード。
V6の20インチエアサス付き。

・V6とあってエンジン音は結構なものですが窓を閉めていれば然程気になりません。

・スタート時の加速はとてもスムーズで2トンを超える車とは思えない程です。

・エアサスの恩恵で乗り心地は文句ひとつ出ません。高速道路の繋ぎ目も気になりませんでした。

・ブレーキも効きすぎず滑らかで快適。

・余り使わないかもですがフロントガラスにも熱線が入っており冬場便利。

・運転席と助手席の間も523同様、2人で肘をかけても干渉しないセンターコンソール。これは最低条件の1つ。

・360°のサラウンド・カメラシステムは運転が苦手な私にも安心。

・幅4985×長さ4855mmの車体はやはり駐車時の乗降が心配

・当たり前ですがゴルフバッグもつめて申し分ないラゲッジルーム。



ざっと並べてみましたがこれだけ不満点の少ない車は初めてです。
というより大きさを抜くと不満点なし。
値段相応かもしれませんが非常に優秀な車でお金さえ準備出来れば「買い」の車だと思います。


話は変わりますが雨漏りが疑われ点検に出した523ですが結局サービスでは症状が出ず何もしないまま帰って来ました。
一応何社かで下取り査定をしてもらいましたが予想通り激安価格。カビが生えようが売るに売れないのでもうしばらく乗るしか方法がありません(涙)


しかし5シリーズの師がある記事でこう言いました。

色々あった日だけど、今日も死ななくて良かったと思えるくらいに心が広い人間に私はなりたい。

"予期せぬ出来事が自分の身に起きても1つのことに囚われず、常に先を見れる人間でいよう"
私は勝手にそう解釈しています。

523に置き換えればカビが生えようが死ぬわけでもなく、走る分には(多分)影響はありません。
原因もわからず帰って来たが怪我もしないし早くに帰って来た。
それだけでも幸運だと。



ということでもうしばらく523dとの生活も続きそうで今度の秋旅行も楽しみです。




by siro-chameleon | 2016-10-09 22:19 |


<< 8階      食生活 >>